ミキジ自己満足ページ
 
無断転写禁止 ラヴなレター
         




 

まだまだ取材まってます!!
掲載されている記事・写真・などの無断転載を禁止いたします

2/28発売 
THE3名様〜シェフの気まぐれピッツァの章〜
巻末 まこちんのドリンクBARにて
石原まこちん×ミキジ UMA対談



THE3名様の作者 漫画家
石原まこちんさんと UMA対談した内容が新刊のまこちんのドリンクBARで掲載されてます。


1/11 不思議系情報サイト UooProjectにてミキノコ取材掲載
◆ついに発見か? NEWツチノコ溺死体写真入<前編><後編

<コッソリ裏話>
UooProjectをご覧になられましたか?ミキノコですが海洋大学の魚類学研究室の教授の見解でいくと1枚ではなんとも言えないが写真を見た感想だとアルビノ種のボラではないかということでした。ただアルビノ種は肌の色が目立つためにすぐ他の魚に食べられてしまうのでここまで大きな状態で残ることはまず考えられない。ましてやそれが生活用水のような浅い場所にいるなんてことはありえないそうだ?燃やしてしまった36枚が悔やまれますが40枚近くこんなのあってもブルーになるだけです。魚ではないと思うのだが…数年後に同じ場所を訪れたことがあってその時この場所はすでにコンクリートで整備されキチンとされていました。本当になんだったんだろうとシャッターを押した僕も全くわからないのです。今後も取材待ってます!!

11/7
10年間語り続けたツチノコトークがついに!
今から10年前、仕事帰りスクーターで家路に向かう途中信号待ちでふと横の川を見ると何かいた…。怖くなって逃げるようにその場を立ち去ったがどうも気になり再びカメラを持って現場に向かった。肌色で手も足もなく細長い物体。微妙に動いている…うわ…なんだこれ…勇気を出して柵をよじ登りかなり近くまで接近しても何なのかわからない…これツチノコじゃね?そう思いカメラにフィルムを入れてパシャパシャ撮影。翌日現像して仲間内に見せると「うわ…何これ…気持ち悪っ!」たしかに気持ち悪かった。当時はネットもなくて現像した物を友達に見せるという所で満足し怖くなって全てを焼き捨てた。

あれから10年間…僕はツチノコを見たとみんなに熱弁したが誰も信用してはくれない。東京にきてもそうだ…この前も劇団ひとりの川島さんにも熱弁したが「キチガイだ」と愛のある言葉を頂いたのだが最近になってまた十八番のツチノコトークを披露すると不思議系情報サイト Uoo Projectの関係者さんが目を輝かせてとりあえず写 真を!と言ってはくれたが上にも書いたが全て焼き捨てたのだった。あわよくば新聞の一面 に!という甘い誘いに重い腰をあげてダメもとでもう一回さがしてみるかな…写 真を直している引き出しからネガを出し探していると…

あった…ネガがあった…えっ!えっ!どうやら36枚では飽きたらずフィルムを入れかえ2枚だけ撮っていたみたいだ…うわわわ…とりあえずすぐ現像にだして関係者さんに連絡すると夜遅くにもかかわらずすぐいくから!ということになり中野の某所で写 真を見せることになった。写真を見て少し無言の後に「これヤバイですね…」という言葉が…とりあえず専門の鑑定士に見て貰いますのでお時間くださいということになった。なんとか大学の何々さんなら水関係は詳しいかなとかスタッフ同士でコソコソ話してたりと結構大事になってきた。

UMAを見ると幸せになれるといいますがミキジさんその後は?の問いに「デザインの先生の所で丁稚奉公してて時給80円で働いて胃潰瘍と十二指腸潰瘍になりました…ところでそれ…UMAですかね?」返事はなかったが「それにしてもネタもってますね〜」と言われて嬉しかった。とりあえず見たのは本当なのでこれが一体何なのか鑑定の結果 が楽しみだ。